スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコに食べさせてはいけないもの

an01.jpg


ネギ類
「玉ネギ、長ネギ、にら、など」
ネギ類を食べると、中毒症状をおこし貧血になる可能性があります。
これはネギ類に含まれるアリルプロピルジスルフィドという物質が
赤血球を破壊して起こる中毒症状です。
加熱しても作用は変わらないので、調理したものでも危険です。
飼い主さんは、十分に気を付ける必要があるでしょう。

チョコレート
チョコレートに含まれるテオブロミンが中枢神経や心臓にを刺激し、
下痢や嘔吐を引き起こす場合があります。
又、ひどい場合にはショック症状や死亡に至るケースもあるため、
充分な注意がひつようです。
目の届くところ、手の届くところにおかないようにしましょうね!

魚介類
「生の魚、生のイカ、タコ、エビ、カニなど」
これらは、消化が悪く胃腸に負担がかかり、下痢などを引き起こす
可能性があります。
危険をおかしてまで、敢えてあげる必要はないかと思います。
又、冷たい牛乳もお腹を壊すことがあるので注意してください。
ただ、まったく大丈夫という子もいます(^_^;)
加熱すれば問題ないので、そうしてあげた方が安心です!

ブドウ(干しぶどう)
最近よく言われていますね。
個体差があるようですが、多くを接種すると腎臓に障害をもたらす
可能性があるようです。
このことを気に留めておくことは必要かと思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

手作り食♪

ba02.jpg


最近では、愛するわが子の為に手作りのフードを作ってあげている
飼い主さんも多くなってきています。
何がうちの子に必要か、ちゃんと食べてくれるか、一生懸命考えながら
作った食事を、愛犬が嬉しそうに食べる姿は飼い主さんにとってとても喜ばしく
素晴らしい事だとおもいます。
ただ、手作り食には、間違ってはいけない難しい要素もたくさんあり、
愛犬の健康を預かる私達には責任があることを忘れてはいけません。

愛犬が好んで食べてくれるから、
好きな物を♪と、いうのでは、栄養が偏ってしまいますし、肥満や病気への
第一歩へ繋げてしまうかもしれません。
健康に美味しくを目標で作っているのに、それでは本末転倒です。
手作りをするのであれば、健康な体を維持し助ける為に必要なあらゆる栄養素を含む
食事作りを目指さなければいけません、これは、決して簡単な事ではありませんが
もしそれを愛犬の為に楽しんで学ぶことができるなら、
それはとても素晴らしい事だと思います!!


 *食物アレルギーを持つ子には、慎重に食材を選ぶ事をお勧めします。
  数多くの食材の中から、その子にとってのアレルゲンを見つけ出すのは容易な事ではありませんから、
飼い主さんの心構えもかなり必要になると思います。
 ただ、何がダメなのかさえはっきりすれば、
手作り食の方がより安全で安心な食事を与える事が可能になるでしょう、
  どうぞ頑張ってください!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

成犬のフード

be01.jpg

あなたが、ワンコと長い間一緒に過ごす為に、あなたがワンコに与えていい食べ物は限られている事を
まず、忘れないでください。


おそらくみなさん一度は、「どのフードがうちの子に合っているの?」と悩んだことがあるかと思います。
フードジプシーの方はけっこう多いものです。
個々それぞれに合うフードを決めるのはなかなか難しいですが、
一番に大切なのは、ワンコにとって十分な栄養のバランスが取れているかです。
その事をふまえ、考えていきましょう。

まず、一般にドッグフードと呼ばれているフードは、大きく分けると次の3タイプに分けられます。

それぞれの特質と注意点

① ドライフード
   消化が良く、保存もききお値段も比較的手頃なものが多いです。
   ただし、水分の含有量が少ないので、新鮮な水をいつでも飲めるように
   してあげてください。
イギリスから直輸入!高品質・無添加のプレミアムフード





② 半生タイプ
   栄養的には、ドライタイプのフードとほとんど変わりませんが、
   炭水化物が多く含まれているため、糖尿病のワンコには適しません。
  (療法食になっているものはこの類ではありません)
    
③ 缶詰フード(ウェットタイプ)
    肉や魚、野菜などをペーストや角切りにしたウェットタイプの物
    ワンコにとってもっとも好むタイプで、タンパク質が多く含まれていまが、
    値段が高く、一度開けると保存性に欠けてしまいます。
    又、う○ちが緩くなる子も多いです。
    このタイプの物は、メインにするのではなく、その時々
   (年齢、愛犬の健康状態や好みを踏まえつつ)
    によってうまく使い分けたり、混ぜ合わせたりすると良いと思います。
    
    

最近では、非常に多くの優れたフードが販売されていますし、
(ある意味あまりに量が多く悩みが増えた感もありますが(笑))それぞれのニーズに合った物を
見つけることは、それほど難しいことではないと思います。
いろいろ試してみて、その中で、あなたのワンコにもっとも適したフードを選んであげましょう。

又、フードの量ですが、
どのワンコも、それぞれのフードの量には、固体差があり、年齢や運動量
生活環境などにより変わってくると思います。
その子その子に合う量を、う○ちと、体型を見ながら決めていきましょう。


GREEN DOG ドッグフード 【ナウ】

TLCペットフード

NDF ナチュラルドッグフード


試せるものは、試すべし(^^)v


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



フード 仔犬編

gs1.jpg


仔犬のフード

仔犬は、ドライフードをふかしてあげることがベストでしょう。
ふやかしてあげる期間ですが、仔犬それぞれのタイプにより少し変えていった方が良いと思います。
だいたい、二か月くらいがおおよその目安ではありますが、それぞれにタイプがあり、
皆が皆、きっちり二か月からふやかし卒業ができるわけではありませんので、あまり気にしないでいいです、
それぞれのタイプとペースにまかせましょう。

一つの目安として、二回目のワクチン接種が終わる頃の食べる様子がどうかで判断してみましょう。
まず、
誰も取らないのに、ほとんど噛んでないんじゃない?と心配になるくらいの速さで食べる子は、
もう少しふやかしの期間を延ばしてあげてもいいと思います。噛まずに食べると消化に悪いので、あと一か月くらいは、ふかして消化を助けてあげた方が良いと思います。
その後少しずつカリカリを増やしていきましょう。

又、上の子とは正反対に、食べの悪い子もいます、こういう子には、すべてカリカリフードにしてしまうのではなく、ふやかしフードにカリカリフードをふりかけのように少し足し、歯ごたえを与えましょう、カリカリ音を立てながら食べているようなら、そのまま少しずつカリカリの量をふやしていくといいでしょう。

そうそう、最初に仔犬に与えるフードですが、これはほとんどの子がお里(ブリーダーさんやショップーさんなど)で食べていたフードをそのまま与えていると思います。
仔犬の頃はなるべくお腹を壊さない方が、本人にとっても、飼い主さんにとっても良いので、
最初に食べていたものを続けてあげてください、別の製品に変えるのは、お家にすっかり慣れてくるまでは
やめた方が安心です、少なくとも、一か月は続け、変えるときには、少しづつ足しゆっくりと
五日から一週間くらいかけ、変えていってあげた方がお腹に優しいですよ。

 次回は成犬のフードについて書こうと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


検索フォーム
スポンサードリンク
SIRUELTUUTO11.jpg
リンク
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

en

Author:en
今困っているワンコの悩みがあれば一緒に一番良い解決策を見つけましょう。

10代の頃からワンコ業界に足をつっこんできたのでそこそこ引き出し持ってます(笑)

解決策への少しの手助けになれれば嬉しいかぎりです。

カテゴリー♪