スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコと一緒に寝てもいいですか?

gs02.jpg



ワンコと一緒に寝てもいいですか?

この質問、今までちょいちょいいただきました(笑)
これ、本来は、「no!」だと言われています、しかし、
一緒に寝たい気持ち、私・・・わからなくないです(>_<)
しかも、一緒に寝るとほとんどの子が良い子で、トイレも失敗無し、
夜泣きももちろん無し、のいう事なし!になる子が多いのです(汗)

(もちろん、一緒に寝るならトイレをしっかり覚えてからの話ですよ、
じゃないと大変な事になりますから(爆))

なので、わたしは毎度お願いしていました、
絶対ダメとは言えないかな、人もワンコも我慢できればしないに越したことは無い、
けれど、どうしても我慢できないのなら、
この先何があったとしてもワンコから「もういいよ!!」と言われない限りは
ずっと一緒に寝てください、それがいつかできない事になるかもしれないと思うのなら
(赤ちゃんが産まれて、無理になるかも?などなど理由は様々に)
今我慢して、寝るのは別にしましょう。とお話ししていました。
人間の方は、昔はこうだったけど今は無理!など簡単に言いがち思いがちですが、
ワンコには、それは納得いかないもの、一度素敵な思いをさせたのなら、
一生の約束です。
自分がどうしても無理になったのなら、
家族の誰かが代わりに!はありですよ!!

それが無理なら、今我慢!!それがお互いのベストな関係だと思います。


「もういいよ!」なんてワンコは言わないでしょ?
と思われるかもしれません、が、
案外あっさりふられることもあります(笑)
多頭飼いをはじめ、最初は絶対に一緒にはいられないかった二人が
時を重ねると、離れられない関係になります、
そして、二人はハウスでオヤスミと言う、いい意味で振られ、
良いバランス♪ってけっこうあります。
冬場けっこう寂しくなりますが(笑)我慢してください(#^.^#)
これはこれでありですよね♪


ちなみに、うちの母は愛犬の最後の日まで一緒に寝ていました。
私は、最初に私の子として飼った子とは、ずっと別でしたが
その子の余命が少ないと言われた頃から最後まで一緒に寝ていました。
お互いに幸せだったと思っています。

本に書いてあるような、絶対にダメは私には無くて、責任がとれるなら
それぞれの形があってもいいのではないかな?と私は思っています。




にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

マーキング対策!!

win02.jpg

マーキング

送られてくるメールの数で今一番多いのが↖これです!
男の子の飼い主さんには、永遠のテーマだわぁ(哀愁)
と言う方も少なくないのかな?

と、言うことで!!今回のテーマは

マーキング対策です☆


難しく考えず、仔犬のトイレトレーニングの時と同じように教えていきます!

お外では足を上げるけれど、部屋では上げない!!
という子も結構います、その子には女の子同様、
成功させることが当たり前ではなく
見ている時には褒めるように、少しのご褒美もプラスして
そのままの現状維持を守りましょう☆

もし、1度でもお家でマーキングをしたのなら、
トイレトレーニング+こちらも一つ妥協案を持ち掛けます(^o^)v

妥協案は、「ここだけは、足あげでもいいよぉ!」です)^o^(。
元々あるトイレ一ヶ所に、足をあげてもOK のトイレを置いてあげましょう。
そこで足上げなら、普通のトイレトレーニング同様に褒めておやつです。

一ヶ所OKの場所を提供するだけで、以外にも甲斐甲斐しくそこだけに通うようになるので、
騙されたと思って作ってみてください!

また、前にも去勢、避妊のページで書きましたが、
足をあげる前に去勢すると上げる可能性は限りなく低くなるので
いろいろな意味で、去勢する価値は有だと私は思っています。

また、1度交配の経験がある子は、
もちろん去勢もしていませんし、男っ気が強くなるため
マーキング率がかなり高くなります、もし交配を望むのであれば、
その部分覚悟の上、通常の教えより時間がかかると思ってください!

「どぉだ!!俺はここだぞ!!」と言うマーキングアピールですから、
気合いを入れて「ここはNO!」と言って失敗したら即ハウスです!
(トイレトレーニングと一緒)

又トイレトレーニングか…(T_T)と思うかもしれませんが、
お互いに1度は通った道なので、あの頃より断然余裕です☆
焦らず、頑張りましょう(^o^)v


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


我が家のワンコに兄弟(姉妹)を!!多頭飼い生活Ⅲ

多頭飼い生活Ⅲ


RURA1.jpg

まず、初めて仔犬を迎えたとき同様に、仔犬はハウスで生活が基本です。
飼い主さんは、二頭目三頭目になると、
ある程度の事にはびっくりしなくなっていますし、
少しの失敗をいちいち気にしない余裕が出てくる分、
部屋に出してあげようか!!
と、余裕が出てしまいんがちです、けれど
ダメですッ!!

一頭目同様に、きっちりできる年頃までは基本ハウスです。
そうすることにより、先住の子は仔犬から距離感がとれ、
近づいて行くにしても、自分から寄っていく事ができます、
お互いの距離を縮めていくのは私達飼い主ではなく、
本人たちの関係なので、立ち入らないようにここは、久々の我慢です!(笑)

早く仲良くさせたいゆえに、思わず仔犬を抱いて近くに連れて行ったり、
仔犬を部屋で自由にして、「ほら遊んでいいわよ♪」となりがちですが、
ほとんどの先住の子は「なんだ?!この犬!!(-_-)」と思っています。
長男、長女として育ってきた先住のワンコは、
自分を犬とは思っていない子がほとんどですから、
そう簡単に犬を受け入れられません(^_^;)
なので、ゆっくりです、焦らずゆっくり
小さい頃の犬っ気を思い出してもらいましょう、

必死に「遊んで~お兄ちゃん♪」「遊んでお姉ちゃ~ん♪」と
どんなに拒否されても着いていく弟、妹犬の頑張りを見守りましよう!

目が飛び出ちゃいそうな表情で、高いところにあがり、
仔犬のいない所、来ない所に必死に逃る上の子と、
こっちへ来るな来るなと拒否られても健気に必死に食らいついていく下の子・・・。

どちらの姿をみても、切なくなる時期があるでしょうが、
二人の距離関係には手を出さずに我慢して、
それぞれが見ていない時に、それぞれをはげましてあげてください。
下の子は比較的、楽観的で落ち込む子は少ないですから、
常に気にかける子は上の子です
この世の終わりという顔で見てきたら、気分一新外に連れ出し、
思い切り遊んできましょう☆
一人っ子気分で、ママパパを独り占めさせてあげましょうね♪

飼い主さんが、悩み、我慢しているうちに、気づけば一歩一歩と距離が縮まり、
手や足が触れる距離に、触れても離れないようになっていきます。
二人の関係を兄弟にしていくのは時間とお互いの努力です。
ちょっと悩む日々があるかもしれませんが、
我が家だけじゃないことを絶対に忘れずに!


大丈夫、〇〇家の最高の関係が待ってますよ(^^)v

prs.jpg

ちなみに、我が家の最初の多頭飼いスタートは!
けっこう大変でした(笑)
長女は初めてのを見て、
ヨダレをたらしまくり、部屋中どえらい事になり、
ウチの母はタオルを両手に持って
上の子の後を必死に追いかけていました(爆笑)

一週間以上はヨダレ生活だったかな??少しづつ減っていきましたが、
距離はそう簡単に縮まらず、本当に少しづつ少しづつの進歩で歩みより
最後は下の子の良い意味でのしつこさに上の子が諦め
ふと見たとき、「ぎゃぁぎゃぁ」言いながら
デンタルコットンの取り合いをしていました。

あの瞬間が我が家の幸せ多頭飼い生活の始まりかなと思っています。





にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

我が家のワンコに兄弟(姉妹)を!!多頭飼い生活Ⅱ

ANNA51.jpg


まず、二頭目を迎える時期タイミングですが、
先住の子の年齢が若ければ若いほど
お互いの距離が縮まるのに要する期間は短いです。
ですが、あまり若いうちだと、子育てが重なるようになるので、
それが大変だと思う方と、一気に子育て出来ていいは♪
と言う方と様々だと思います。

私が思う、一番楽な時期は先住の子が一歳半くらい~でしょうか!

ある程度落ち着き、大人の階段1、2段上がったあたりの年齢で、
まだ遊び心満載の時期、比較的すんなり受け入れてくれると思います。

逆にとても大人になってからというのも、上の子に手はまったくかからないですし、
とっても楽なのですが、上の子をゆったりと過ごさせてあげたいなぁ、
と思う年ごろに差し掛かっていると、少し心配になるかもしれません、
ただ、若返り溌剌と遊ぶ姿も又見れるのでとっても嬉しくなりますけどね。

どの時期にしたとしても無理な事はないです、ただ、その家その家の状況や先住の子の
状況を見ながら、「我が家にとっての一番良いであろう時期」を見つけてください。
家族会議だけでは、なかなか決まらい!と言う時には
二頭目を迎える予定のブリーダーさんや、かかりつけの獣医さんに相談すると良いと思います。

ANNA41.jpg


さぁ、いざ多頭飼い生活です!!

 多頭飼い生活Ⅲに続く



にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



我が家のワンコに兄弟(姉妹)を!!多頭飼い生活Ⅰ

多頭飼い生活Ⅰ

RSM1.jpg

お散歩時など、よく見かける仲良さそうに歩く兄弟のようなワンちゃんズ
なんだか憧れた人多いと思います!
「この子に兄弟を迎えてみようかな?」最初にそう思った時は
きっと近くにお手本にしたい素敵な多頭飼い先輩家族がいたのではないでしょうか?

「留守番の時に寄り添える相棒がいてくれれば、寂しい思いも半減だわ!」と
その子の為にと多頭飼いに踏み切った方も多いと思います。

理由はなんであれ、今以上の幸せをこの子に!と
皆さん思い、始めたはずの多頭飼い生活ですが、
おそらくほとんどの方が、少なからず後悔したり、
悩んだりした経験がおありかと思います!

あの憧れていた素敵な多頭飼いの先輩家族も
100%悩み知らずだったはずは無いんです!

家族が増えれば問題もそりゃ増える!

完璧に最初から上手くいく人なんていません!


多頭飼いを始めたばかりのご家族~)^o^(!!

悩んであたりまえですよぉ!
けれど、多頭飼いをしたのなら
新しく家族になった子の為にも
後悔はしないでください!!
今に可愛い二人が添い寝する姿が見れます
仲良し散歩も遠い日じゃありません!
絶対に(^^)v


多頭飼い生活Ⅱに続く♪

soine.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

次のページへ>>

検索フォーム
スポンサードリンク
SIRUELTUUTO11.jpg
リンク
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

en

Author:en
今困っているワンコの悩みがあれば一緒に一番良い解決策を見つけましょう。

10代の頃からワンコ業界に足をつっこんできたのでそこそこ引き出し持ってます(笑)

解決策への少しの手助けになれれば嬉しいかぎりです。

カテゴリー♪