スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコと一緒に寝てもいいですか?

gs02.jpg



ワンコと一緒に寝てもいいですか?

この質問、今までちょいちょいいただきました(笑)
これ、本来は、「no!」だと言われています、しかし、
一緒に寝たい気持ち、私・・・わからなくないです(>_<)
しかも、一緒に寝るとほとんどの子が良い子で、トイレも失敗無し、
夜泣きももちろん無し、のいう事なし!になる子が多いのです(汗)

(もちろん、一緒に寝るならトイレをしっかり覚えてからの話ですよ、
じゃないと大変な事になりますから(爆))

なので、わたしは毎度お願いしていました、
絶対ダメとは言えないかな、人もワンコも我慢できればしないに越したことは無い、
けれど、どうしても我慢できないのなら、
この先何があったとしてもワンコから「もういいよ!!」と言われない限りは
ずっと一緒に寝てください、それがいつかできない事になるかもしれないと思うのなら
(赤ちゃんが産まれて、無理になるかも?などなど理由は様々に)
今我慢して、寝るのは別にしましょう。とお話ししていました。
人間の方は、昔はこうだったけど今は無理!など簡単に言いがち思いがちですが、
ワンコには、それは納得いかないもの、一度素敵な思いをさせたのなら、
一生の約束です。
自分がどうしても無理になったのなら、
家族の誰かが代わりに!はありですよ!!

それが無理なら、今我慢!!それがお互いのベストな関係だと思います。


「もういいよ!」なんてワンコは言わないでしょ?
と思われるかもしれません、が、
案外あっさりふられることもあります(笑)
多頭飼いをはじめ、最初は絶対に一緒にはいられないかった二人が
時を重ねると、離れられない関係になります、
そして、二人はハウスでオヤスミと言う、いい意味で振られ、
良いバランス♪ってけっこうあります。
冬場けっこう寂しくなりますが(笑)我慢してください(#^.^#)
これはこれでありですよね♪


ちなみに、うちの母は愛犬の最後の日まで一緒に寝ていました。
私は、最初に私の子として飼った子とは、ずっと別でしたが
その子の余命が少ないと言われた頃から最後まで一緒に寝ていました。
お互いに幸せだったと思っています。

本に書いてあるような、絶対にダメは私には無くて、責任がとれるなら
それぞれの形があってもいいのではないかな?と私は思っています。




にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

子宮蓄膿症の症状って??Ⅱ

bemyu.jpg


症状としては
食欲不振、おしっこの回数が増える、水をよく飲むなどありますが
うちの子の場合も、食欲はどんどんなくなっていき、
大好きなものを出すと、食べたいけれど食べれない感じ、
痛みがあるのかあまり動かず寝ようとするけど寝れない。。といった症状でした。

丁度、シーズンが終わって一か月~二か月くらいの時だったので、
「ん?もしや?」と思いすぐにかかりつけの獣医さんのところへ!

シーズンが最近あったことと、症状を伝え、
おそらく「子宮蓄膿症」じゃないかな?血液検査して!
と言った事を覚えています、
その後すぐに血液検査と超音波と触診で
ほぼ黒だと分かり、まずは、体力回復に点滴、
その後抗生物質の投与があったかな、
そして手術となりました。

ウチの場合は、陰部から膿が出てくる事はまったく無かったので、
閉鎖型の方でした、
目で見てわかるものではない為多少判断しにくいのですが
明らかに食欲不振になりますし、
元気も著しくなくなっていきます、
「あれ?」と思ったら好きな物を与えてみてください、
いつもならガンガン来るのに躊躇したりするのなら
グレーだと思い、病院へ!

上にも書きましたが、陰部から膿が出て、
その周りが汚れいつもと違う臭いもするなど
比較的わかりやすい場合(開放型)も多々あります。

とにかく、この病気は子宮の中に膿がどんどんたまり、
そのままにしてしまうと子宮破裂を引き起こし、
腹膜炎をおこします、又、子宮内に入った細菌の毒素が体中に回り、
多臓器不全を引き起こし命に関わる事もあります。

避妊していれば防げる病気ではありますが、
なかなか踏み切れない飼い主さんも多いかと思います、
その場合にはシーズン後二か月くらいは、
頭の片隅にこのような病気があることを覚えておいてください。



にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






次のページへ>>

検索フォーム
スポンサードリンク
SIRUELTUUTO11.jpg
リンク
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

en

Author:en
今困っているワンコの悩みがあれば一緒に一番良い解決策を見つけましょう。

10代の頃からワンコ業界に足をつっこんできたのでそこそこ引き出し持ってます(笑)

解決策への少しの手助けになれれば嬉しいかぎりです。

カテゴリー♪